本文へスキップ
Top News About VCP
Services Special Support Other Items Contact

Special Support

メコン経済圏進出支援
メコン経済圏とは。。。

対象地域

5か国・2地域。
ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー
中国の雲南省、広西チワン族自治区


(2012年データ)

総 人 口


総 面 積
 
総人口 : 約3.36億人。 (日本の2.6倍)


総面積 : 約251万㎡。 (日本の6.9倍)


名目GDP


貿 易 額
名目GDP合計 : 約6,960億ドル。 (日本の20%)


輸出入額合計 : 約8,100億ドル。 (日本の50%)




広域経営

 

広域輸送インフラの整備は、新たな事業展開の可能性を企業にもたらしつつあります。

例えば、タイでの賃金上昇等を受け、古くから進出していた日本企業は、、、
「タイ・プラス・ワン」と呼ばれる事業展開を始めました。

これはタイに主要な生産拠点を持つ企業が、その労働集約的な生産品目(ないしは生産工
程)の一部を、カンボジアなどコストの安い周辺国に移し、効率的な生産体制を構築するというものです。

このような事業モデルではタイと周辺国の拠点間で、原材料や完成品の物流が発生する為、国境を跨ぐ輸送インフラの存在が重要なのです。

今後、国際幹線道路の整備が進めば進む程、企業は「タイ・プラス・ワン」のようなパターン
で、メコン地域経済圏に事業ネットワークが加速度的に広がって行くことでしょう。


 
TOPICS

2015年8月27日

「メコン産業開発ビジョン 」(The Mekong Industrial Development Vision)
( ↑ Qulick to Open ! )

「メコン産業開発ビジョン」とは、2016年から2020年のメコン地域の産業発展の道筋とそれを実現化するための政策の方向性についての提言です。

メコン地域が生産・輸出拠点としてだけでなく、消費市場としても伸びてきている点、また、
タイに進出した日系企業を中心に、「タイ+1」の動きが出現し、カンボジア・ラオス・ミャンマーが工業化の黎明期となっている点に着目し、今後、各国が強みのある産業を中心に力を入れる一方で、互いの国を補完し、地域一体かつ持続的な発展を目指した「Specialization & Collaboration」というコンセプトが挙げられました。

また、中国・インド・ASEAN諸国と隣接するという地域特性から、これら周辺諸国の成長をも取り込みアジアと世界のバリューチェーンの中核となるという絵姿も示されています。



2015年7月 4日

「日・メコン協力のための新東京戦略2015」(MJC2015)
( ↑ Qulick to Open ! )

日本及びメコン地域諸国(カンボジア王国、ラオス人民民主共和国、ミャンマー連邦共和国、タイ王国、ベトナム社会主義共和国)の首脳は、東京にて第7回日本・メコン地域諸国首脳会議のために一堂に会し、今後3年間の日・メコン協力のための新たな戦略として、「日・メコン協力のための新東京戦略2015」(MJC2015)を採択しました。



弊社の取り組み


支援可能

業務内容

◎ 進出戦略コンサルティング

◎ マーケットリサーチ(マクロ・ミクロ)

◎ 現地法人設立コンサルティング

◎ パートナー等提携戦略策定支援

◎ 現地人材採用育成戦略策定支援

◎ マーケティング戦略策定支援

◎ 営業ネットワーク拡大支援

◎ 関連法規制等コンサルティング

◎ その他上記に関する事項







 



 < ご参考 >

国別投資情報 / Investment in ASEAN
( ↑ Qulick to Open ! )


資料 : タイ駐在時の心得
( ↑ Qulick to Open ! )

資料 : 日系企業のBiz-chance !
( ↑ Qulick to Open ! )

資料 : メコン・ビジネスニーズ調査2015 !
( ↑ Qulick to Open ! )

資料 : ミャンマーにおける金融アクセスの
現状と課題

( ↑ Qulick to Open ! )

ASEAN情報マップ(2016年3月改訂版)
( ↑ Qulick to Open ! )

ASEAN進出企業実態調査結果(2016年版)
( ↑ Qulick to Open ! )


日本メコン地域経済委員会(JMBCC)
( ↑ Qulick to Open ! )

 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


最新情報・セミナー等のご案内


2019年   
   
 2月13日  「ミャンマー経済事情と企業進出」セミナー(2月26日)のご案内
 2月13日  「カンボジア投資フォーラム」開催(3月5日)のご案内
   
 1月22日   大使講演シリーズ「ラオス:社会・ビジネス機会」開催(2月19日)のご案内
1月17日  「ASEAN最新事情講座 : 2019ミャンマーの展望」開催(2月1日)のご案内
1月16日  「経済回廊で結ばれたメコン地域経済の現状と展望」(1月23日)のご案内
1月16日  「海外投資実務講座-ベトナム進出後の実践編」(2月26日)のご案内
   
 2018年   
   
 12月19日  「Invest Myanmar 2019」開催(1月28・29日)のご案内
 12月19日  「日ミャンマー農林水産業・食品協力対話」開催(1月28日)のご案内
   
 11月21日  「最新カンボジア進出法務」開催(12月12日)のご案内
 11月20日  「カンボジアの最新政治・経済情勢とビジネス環境」(12月6日)のご案内
 11月13日  「ベトナム南部ビンズン省投資環境セミナー(12月5日)のご案内
 11月13日  「メコンデルタ地域環境ミッション商談会」(3月4日~9日)のご案内
   
 10月30日  「ベトナム最新投資事情」(11月12日)のご案内。
 10月29日  「ミャンマー進出法務アップデート」(11月19日)のご案内。
 10月23日  「カンボジア投資フォーラム」(11月21日)のご案内。
   
  9月27日  「日・メコン ビジネスフォーラム」(10月9日)のご案内
 9月25日  「ベトナム経済投資セミナー:」(10月19日)のご案内
 9月 4日   「ベトナムプラスワンとしてのベトナム」開催(9月19日)のご案内
 9月 3日   「ベトナムFoodexpo2018」開催(11月13日~17日)のご案内
   
 8月22日  「タイにおける二国間クレジットの実施に関するセミナー」(9月11日)のご案内
 8月22日  「ミャンマーの経済状況と展望」(9月11日)のご案内
  8月17日  「ベトナム投資環境フォーラム」開催(9月7日)のご案内
 8月11日  「ベトナム・ミャンマー投資環境情報セミナー」開催(8月23日)のご案内
   
 6月26日  「ダナン市投資促進セミナー」開催(7月30日)のご案内
  6月22日  「ミャンマーにおける医療と中小企業事情」開催(7月2日)のご案内
 6月21日  「ベトナムCEO商談会」(7月18日)開催(7月18日)のご案内
 6月18日  「Thailand Taking off to New Heights」開催(7月20日)開催のご案内
   
 5月18日  「ベトナム投資カンファレンス」開催(5月31日)のご案内
 5月18日  「ベトナム投資フォーラムネット&ワーキング」開催(5月30日)のご案内
 5月11日  「カンボジアの最新の政治・経済事情」開催(6月1日)のご案内
 5月11日  「ラオス観光促進セミナー」開催(5月28日)のご案内
   
 4月11日 「ASEAN各国フェスティバル」開催のご案内
(タイ)
(カンボジア)
(ベトナム)
(ラオス)
(ミャンマー)
   
   
 VTR & Report     
   「ヤンゴンとその他地域の生活実態に関わるアンケート調査」結果
   「ミャンマーの大学生・就職意識アンケート調査」結果
   「タイ健康市場 日本式で元気に楽しく ! 」
   「ミャンマーの物流にイノベーションを起こす」
   「陸のASEAN メコン 経済回廊がビジネスをつなぐ」
   「ミャンマー女性のハートをつかむ ‐化粧品ビジネス最前線‐」
 




ハラール・ビジネス支援
 
ハラールに関する啓蒙活動を推進しつつ、ハラール認証取得のサポートはもとより、増加する
ムスリム経済圏から日本へのお客様を取り込むための必要なノウハウを提供致します


また、ムスリム経済圏への日本国産商品・製品の販路拡大等に関わる支援を行います




詳しくは、下記より、弊社 「ハラールビジネス推進戦略本部」 専用ページをご覧ください。


Click to Open !クリックしてください。





ブルネイ・ダルサラーム国の政府機関要人と